コラム記事「経営学から診る「好きを仕事にする」ということ (2/2)

2022/07/04 土屋翔 (宇都宮大学 基盤教育センター 特任講師)

就職活動において、自分のやりたいことができる会社を見つけると言うことが目的としましょう。現在の自身における認知能力の限界から、その選択肢は数社、せいぜい数十社が限界だと思います。世界にまで視野を広げ、数百社、数千社探せば、好きなことができる会社はあるかもしれませんが、現実問題不可能と言えます。結局は、数社、数十社の中から選択をするしかありません。また、それぞれの選択肢が将来的にどうなるかを予測することも困難です。不確定要素が多すぎるのです。さらに、日本における就職活動は、企業側も就活生側も本当のことを言わず、限られた範囲内でお互いを評価する、表面的な関係でしかありません。仮に、認知能力が無限で神のような全知全能でも、情報の非対称性から最適解を見つけることは不可能です。繰り返すように、現状をしっかりと認識し満足解を見つけるしかないのです。

 さて、少し辛口になりましたが、私も好きなことが仕事としてできるならば、是非皆さんにやってもらいたいと心から願っております。本コラムの意義は、現状「好きなことを仕事に」というフレーズが一人歩きし、就活市場、もっと言うと労働市場で何が起きているかという本質的なことから目を背けないでほしいことです。ワークライフバランスを是非とってもらいたいです。しかし、取れないからこそアンチフレーズとして「好きなことを仕事にしよう」が出てきていると思います。「好きなことを仕事に」が出てきていれば、そもそもこのようなフレーズがあるはずがありません。

 最後に、あくまでも理論は理論です。今後、テクノロジーの進化とともに人間の認知境界は格段に広がると思います。その際、人間における最適解は存在しないにせよ満足解の範囲は広がると考えます。しかし、未来の予測は大変、不確定要素が多いために困難です。したがって、好きなことを仕事にするよりは、仕事を好きになる、またはより高次元の対象を好きになる(例えば人と接することが好きなど)といった考え方の転換が一つの方法として必要だと思います。人生、楽しいこともあれば大変なこともあります。私は、好きなことをいつかやるために、今好きではないことを一生懸命にやるといったスタンスで生きています。何が正解かわかりません。「こんなはずじゃなかった」と言う人は、安心してください。全員がそうなのです。このようなことを前提にして行動することにより、気持ちが少し楽になるかもしれません。

次のペ20220805 ージ